TOP > 会社概要 > 研究内容  

介護予防事業 

“いつまでも元気に地域で自立して生活したい” そんなシニア世代の気持ちをサポートする介護予防事業に対応させていただいております。

介護予防事業は一次予防、二次予防ともに科学的根拠に基づく介護予防のプログラムを用いています。教室の最後まで楽しく参加でき、ご自宅に戻ってもご自分で実行可能な介護予防の食生活をお伝えします。

高齢者の栄養改善はなかなか成果が得られないことが多いと聞きます。しかし、弊社の栄養改善プログラムは、これまで弊社の管理栄養士が取り扱った多数の事例から得られた改善のためのポイントが組み込まれているため、多くの事例で改善を図ることができています。参加者の皆さんはもとより、依頼してくださった介護予防課や地域包括支援センターのスタッフも満足してくださる成果を上げています。

プログラム(一例)はこちらです 

・今年度も介護予防教室(栄養改善コース)始まりました!
・介護予防事業(栄養改善7回コース)が無事終わりました
・今年度も始まりました!介護予防教室

診療所における継続支援型栄養相談 

診療所における継続支援型栄養相談について
糖尿病、高血圧、腎臓病などは食事や生活を改善することによって、病気を悪化させないことは十分に期待できます。食生活改善を行う必要がある方々が、継続的に生活改善に取り組むことができるよう、担当の管理栄養士や弊社が様々なサポートをさせていただきます。

およそ6ヶ月間で一定の改善を図るよう、計画的なプログラムに基づき目標を持って生活改善に取り組んでいただきます。特に糖尿病の改善に特化したプログラムは、改善効果も研究で検証されております。
第70回日本公衆衛生学会でその成果を発表しました ⇒

患者さんには、「無理なく取り組むことができた」、「これまでの病院の指導とは全く違うが効果があった」と喜んでいただいております。

 医療機関が診療報酬内で管理栄養士を活用でき、ひとりの栄養相談からも実施できるシステムです。また、継続的にフォローアップをするプログラムのため、受診中断する方がないことも特徴です。
 

 訪問栄養食事指導

ご家庭を訪問して、栄養状態の把握・栄養改善や食事に関する助言、対象者に適した料理を紹介しています。介護保険、医療保険を適用可能です。保険の算定要件を満たさない場合は自費でも対応させていただいております。

訪問栄養食事指導の主な内容は、主に食事摂取量の低下による体重減少の改善、栄養状態の改善、摂食嚥下機能低下に対応する食事、糖尿病のコントロール等です。

 研修会-成果をみせる特定保健指導のために-

特定保険指導に関する研修会について
特定保健指導における減量や生活習慣病のリスク解消を効果的に実現するための指導内容について、動機づけや問題点の抽出、目標設定などの具体的方法やスキルをお伝えしています。これまで弊社が診療所で実績をあげてきた栄養食事指導を行っている手順の伝達や弊社の特定保健指導担当者の育成事業でのスキルアップトレーニングの内容を実施します。特に難しいと思われがちな動機づけや具体的な目標内容は実際の症例を数多く積んだ弊社ならではのポイントをお伝えします。

対象者が改善に向けて何をすればよいかがはっきりし、快く目標に取り組むための支援、そして、成果に結びつく支援をめざして研修会を実施させていただいております。

・「特定保健指導 〜成果のみえる支援をめざして〜」(新潟)
・「特定保健指導 〜成果のみえる支援をめざして〜」(北海道)
「成果の見える保健指導」群馬にて研修会を担当させていただきました

 食事・栄養に関する講演、セミナー、料理講習会

食事・栄養に関する講演、セミナー、料理講習会についてご要望に沿った内容で、食事や栄養に関する話題を 提供しています。(下記は開催実績の一部)

・健康博覧会 記念セミナー
・ヘルパー研修会(調理実習)
・「在宅医ネットよこはま」研修会
・高齢者学級 皆さんのパワーに乾杯!
・「居宅高齢者の栄養改善・食生活支援」(神奈川)
・自主セミナー:新しい活動の場を探している栄養士のための講座 vol.1
・自主セミナー:在宅ケアセミナーアドバンスコース全3日間

 デイサービス・グループホームの栄養管理

介護保険における通所予防介護、通所介護事業所の利用者の方を対象とした栄養管理を行います。栄養改善加算が算定でき、低栄養予防・改善も行います。                    

認知症グループホームの利用者の方を対象とした栄養管理を行います。    詳細はこちらへ
  

研究活動

学会発表や論文発表を行っています。

・第34回神奈川県栄養改善学会で口演発表しました
・第37回行動計量学会に参加しました <大会実行委員長賞を受賞しました>
・第56回栄養改善学会学術総会に参加しました
・第70回日本公衆衛生学会で発表しました
・第22回日本疫学学会で口演発表させていただきました

・「栄養教育のための食物摂取頻度調査票(FFQW82)の妥当性と再現性の検討」
日本公衆衛生雑誌 第57巻(6)P475-485)
地域における2型糖尿病のための個別生活習慣改善プログラムによる教育効果の評価:研究デザイン」
"Effects of lifestyle education program for type 2 diabetes patients in clinics:study design of a cluster randomized trial" BMC Public health 2010,10:742  
    


ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします
info@nutrisupport.co.jp

このページのトップへ