TOP > 会社概要 > 事業内容 > 研究内容

 入居者の方々の健康と栄養の管理はおまかせください

認知症高齢者グループホーム等の食事内容や入居者の栄養状態を定期的に確認・助言させていただき、施設スタッフが自信を持って栄養管理を行うことができるよう、年間契約に基づき支援させていただきます。

 支援1  施設の栄養管理状況の確認をします

年1回、管理栄養士が施設を訪問し、入居者の食生活状況の確認や年代に応じた食事量・食品構成等をお伝えします。
また、栄養管理上、心配のある入居者がいないか確認します。

<具体的内容>

 支援2  年4回のニュースレターを送付します

年4回、献立作成、衛生管理、入居者の栄養管理等に役立つ情報を掲載したニュースレターを発行します。

<具体的内容>

 支援3  職員研修会を実施します

年1回、施設の職員の皆さんを対象に、施設の要望に応じたテーマで研修会を開催いたします。
高齢者に適した食事やじょうずにかめない方の食事等の調理実習も可能です。

 支援4  管理栄養士といつでも連絡をとることができます

食事や栄養、調理、衛生管理等の疑問や質問に管理栄養士がお答えいたします。
電話やメールで、いつでもご相談に対応しています。

 支援5  特に栄養管理が必要な入居者のサポートもします

体重が減ってきた、過体重になってきた、咀嚼・嚥下が困難になってきた、糖尿病や高血圧等の食事を提供する必要がある入居者の方々の栄養管理、栄養的助言、モニタリング、情報提供を行います。なお、この支援は基本契約内容とは別途オプション契約とさせていただきます。


ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします
info@nutrisupport.co.jp

このページのトップへ