継続支援型栄養相談システム


TOP > 会社概要 > 事業内容 > 研究内容  

 診療所・クリニックで気軽に相談できる街をめざして

当社では、医療機関が患者さんに対し食生活の改善が必要だと思ったときに、速やかに管理栄養士を活用できる栄養相談システムをつくりました。当社は、患者さんが継続的に改善に取り組むことができるための支援をします。

 特徴1  6ヶ月で最低3回の継続指導による食事改善指導

かかりつけ医のもと、栄養ケア・マネジメントに基づく栄養改善プログラムを導入できる管理栄養士が、患者さんのペースや生活に合わせて計画的に改善支援を行います。


 特徴2  継続管理によるサポートで食事改善をスムーズに実現

相談日の予約調整、電話相談窓口の常設、具体的な献立やレシピの提供、支援カードの送付(相談が一定期間あく場合)、相談中断者の再来調整、検査結果や改善状況等の提示などで、患者さんを全面サポートいたします。


 特徴3  管理栄養士の労務管理、資質管理を代行

担当管理栄養士の労務管理、資質管理は当社が責任を持って行います。


 特徴4  医療機関の経費負担を最小限にとどめた外来栄養指導の実現

医療保険診療報酬内で管理栄養士を活用していただくシステムにしました。また、1ヶ月の外来食事指導の人数が1人からでも対応が可能です。



ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします
info@nutrisupport.co.jp

  このページのトップへ