社員も社長も会社も元気にする
「経営と食」セミナー

                             2015. 7. 9  

みんなのキッチン主催 健康経営″をキーワードに企業が元気になる「食」の話
「企業発展のための食環境整備」

 最近、「健康経営」なる言葉が聞かれるようになりました
経営や経済界の中で特に聞かれる言葉で
社員の方々の健康増進を図り、企業の生産性や企業力を上げようという取り組みです
経済産業省が中心となって展開されています

「社員の健康増進」の要素には食生活、運動、休養、喫煙、ストレス、メンタル等が掲げられており
それらを整えることにより仕事の効率や生産性が上がり
企業全体の力がアップするということが海外の研究でわかってきました

みんなのキッチン"が主催する健康経営を推進するためのセミナーで
「勤労者の食」に関する話題を、という依頼があり対応させていただきました
みんなのキッチン″の詳細はこちらです →

日頃、診療所の栄養相談や特定保健指導事業で
「仕事のやり方が病気を作る」と思われることに遭遇するので
そうならないための企業の環境整備についてお伝えさせていただきました
労働生産性の低下は日常的に起こっており
社員の生活習慣のありように関連しているいう研究データを示しながら
実際にそれらを解決するための提案をさせていただきました





 
 
 
 
何らかの疾患や症状を抱えながら出勤し、業務遂行能力や労働生産性が低下している状態を
「アブセンティーズム」といい
ライフスタイル上のいろいろな支障が重なる程に
その損失割合は高くなるということがわかっています
「アブセンティーズム」による損失割合を減らすためにできることは
社員一人ひとりがわずかでも自分のライフスタイルを
より良い方向に変えて行くこと
そして企業の環境整備への一歩を踏み出すことであると思います

弊社では
「健康経営」その実現のために
少ない労力や楽しい企画・工夫で実現できることを提案させていただいております
 
 
 
みんなのキッチンが今秋から提供する横浜野菜を使った
「からだ想いランチ」の試食もおこなわれました
忙しい勤労者のための主食、主菜、副菜を揃えたデリバリーランチです
管理栄養士と料理研究家のコラボで
おいしくてからだに優しい野菜たっぷりのランチです



ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします
info@nutrisupport.co.jp

このページのトップへ
TOPへ